ゲーム・本(漫画)を高く買取をしてくれる、おすすめのサイトはどこなのか? | ヲタクの家

ゲーム・本(漫画)を高く買取をしてくれる、おすすめのサイトはどこなのか?

ゲームや漫画を少しでも高く買い取ってくれる、おすすめのサイトはどこなのか!?

買取で有名なサイトと言えば、
・BUY王(バイキング)
・駿河屋
・ネットオフ

個人的には、この辺だと思っています。

安心、高い、簡単。の3言。で上の3サイトがおすすめです。

BUY王(バイキング)


【買取りの大まかな流れ】

①買い取って貰いたいものを、箱(ダンボール)に詰める。
※箱に詰める時は丁寧に詰めてください。
※ご希望の方には集荷段ボールを無料で届けてもらえます。
②箱に詰めた物を 無料で受け取りに来てくれる。
※最短で翌日の午前中。
③後は、査定を行ってもらうだけ!
※実際の査定に準じた金額を自前に知ることが出来るので、そこらへんの事は安心して商品を送れます。
④買取明細。
※全商品の買取明細を確認する事が出来るので、そこらへんも踏まえて安心です。
⑤振込手数料は無料。
※買取してもらったお金は、指定した口座に全額振り込まれます。

とこんな感じな買取の流れです。
「漫画とか量が多くて運ぶのが面倒くさい」場合などは利用される方が多いかと思いますね!

ゲーム以外にこんな商品も売れる
・CD、DVD
・書籍(本)
・デジタル家電
・ルンバ
・美容機器
・釣具
・喫煙具
その他にも、ファッション系や時計、色々な物まで買取を行ってくれる。

「いらなくなった」「使わなくなった」「不要な物」は、全部売っちゃいましょう!

【バイキングのこんな所が良い】
条件に満たした場合 +α で買取金額が上昇!
・査定額250円以上のゲーム機本体・本以外の商品。
・5点、10点、20点、30点、50点…以下略。
の二つの条件に当てはまった場合は、買取価格UP。
など他のキャンペーンをやっている時があるので、その時に売るのがおすすめです!

詳しくはバイキングの買取ページから↓

駿河屋

お売りください。駿河屋です。

【買取りの大まかな流れ】
①買取商品の査定価格を検索。
※ある程度 値段が高い商品は買取価格を自分で調べる事が出来ます。
※メールでも査定が無料で行ってくれるので楽チンです。
②送料無料。(3000円以上 or 30点以上)
※「あんしん買取」の場合は、お見積もり価格が3000円以上。
※「かんたん買取」の場合は、30点以上。
③箱に詰めて送る。
必要な書類と売りたい商品を箱に詰めて送る。

ゲーム以外にこんな商品も売れる
・CD、DVD/Blu-ray
・フィギュア
・おもちゃ
・プラモデル
・本類
・トレカ
・ぬいぐるみ
・ボードゲーム
など、グッズ系、オタク系全般なら買取できる印象ですね。

【駿河屋のこんな所が良い】
『まとめ売り買取UPキャンペーン』
・特定のジャンルの商品が○○○円以上。
・○点以上。
の二つの条件に当てはまった場合は、買取価格UP。
頻繁に行われているので、売るならその時に売るのがおすすめです!

お売りください。駿河屋です。

ネットオフ

【買取りの大まかな流れ】
①箱に詰めて送るだけ。
※ダンボールを自前に6箱まで貰える。
※最短翌日の午前中に箱を取りに来てくれる。(自分で日にち時間を指定)
②事前に買取価格を調べられる。
※高価買取商品を自分で確認。
③送料・手数料無料。

ゲーム以外にこんな商品も売れる
・書籍(本)
・CD、DVD/Blu-ray
・フィギュア
・その他

【ネットオフのこんな所が良い】
・お申し込みから査定時までの最高額で買取価格を保証してくれる。

おすすめのゲーム買取サイト比例

マリオカート8 デラックス

・バイキング ⇒ 買取価格3718円

・駿河屋 ⇒ 買取価格4100円

・ネットオフ ⇒ 買取価格3400円

カービィのエアライド

バイキング ⇒ 買取価格4160円

駿河屋 ⇒ 買取価格4500円

ネットオフ ⇒ 買取価格1300円

マインクラフト– Switch

駿河屋 ⇒ 買取価格2300

バイキング ⇒ 買取価格1988

ネットオフ ⇒ 買取価格1600

まとめ

どのサイトも買取キャンペーンが実装されている時に売るのがおすすめです。

※全商品綺麗に箱に詰めましょう。

・色んな物をまとめて高く売りたいなら「バイキング」がおすすめ。

・買取価格が下がった場合変更しないので、買取価格を信用して売るなら「ネットオフ」がおすすめ。

・どちらの条件も満たない場合は「駿河屋」がダントツでおすすめ。

こんな感じですね!

以上!
「ゲーム・本(漫画)を高く買取をしてくれる、おすすめのサイトはどこなのか?」でした。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする