Doubt―ダウト―という漫画を全巻読んでみた!【あらすじ・感想レビュー】

密室で目を覚ました男女5人。目の前には天井から吊るされた死体。体には身に覚えのないバーコード。生き残り、脱出する方法はただ一つ。兎の皮を被った、嘘つき狼を見つけること。サバイバルゲーム開幕――。


情報・ジャンル

・タイトルは『Doubt』

・ジャンルは殺し合いサバイバルです。

・コミックは全何巻まであるのか!?(完結済)全4巻まであります!

・この漫画に似ているJUDGE”(ジャッジ)という漫画も(完結済)全6巻まで発売しております!

内容・設定

・ある日、仲の良い兎の群れの中に狼がまぎれ込みました。狼はみんなが寝静まると正体を現して、一日に一羽ずつ兎を喰い殺してしまいます。誰が狼なのか分からない兎達は皆で話し合い。そして―――。みんなが狼だと思った兎を一羽ずつ処刑する事にしました。もし、それが本当に狼なら兎達の勝ち。もし、それが間違いなら…うさぎは全員狼に喰い殺されてしまう。これはそんなゲームのお話―――。

・騙され騙し合って、そんな6人の中にいる狼を探しだすサバイバルゲーム。

感想

・若干、人狼ゲームに似ていたり…?人狼ゲームとかサバイバル系が好きな方は好きになれる漫画だと思いますね。

・狼はあいつだと思っていたんですが…まさかあっちかぁ…と予想もしなかった人が狼でした!僕って結構頭悪いのかな…。それか皆さん(読者さん)もそうだったりする??狼をちゃんと気づけた人はいるのかな~……。コメントくれると嬉しかったりします!

・僕は漫画を(1巻)読むのに30分~40分ぐらいかかってしまうんですが、1巻~4巻読むのに1時間ぐらいしかかからなかったので、すらすら読みたい人にはもってこいの漫画です!

おすすめ度 ★★★★★★☆☆☆☆

・仲のいい友達と闘うのは、かなりきついですね…。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする