アホリズムという漫画を一気読みした!【あらすじ・感想レビュー】

空に島が見える者のみ入学を許される全寮制の共学「楢鹿高等学校」。卒業したものには未来が約束された。だが、夢と希望を抱く生徒たちを待つのは「神蝕(しんしょく)」。それは、現実を残酷に蝕む絶望の試練――。

この学校に、逃げ場なんてどこにもない。だけど、僕らの未来は確かに微かに存在した――。


情報・ジャンル

・タイトルは『アホリズム』

・ジャンルはスクールデイズサバイバルです。

・コミックは全何巻まであるのか!?(完結済)全14巻まであります。 第一部~完~となっていたので、もしかしたら第2部もあるかもしれません!?


※ここからネタバレ注意

内容・設定 ※ネタバレ注意

・空の島が見えるものだけが入学できる学校。多くの人が「空に島なんてあるはずがない」と口を揃える。でも…六道もみじ(主人公)には見える。

・入学式が終わって教室へ向かう、教室で先生が生徒全員に紙を1枚配ったこれから円の中(紙)に一文字漢字を書け」「各々がこれから始まる戦いに最も相応しく必要だと思う感じを一つ…な」他の生徒達はスラスラと書いていく、この時点で半分ぐらいの生徒は神蝕という化物と戦うことを知っていた――六道は「もしかして…抜け打ちテスト!!」と思っていたらしく、まぁどうせ戦うなら、彼女みたいな子を守る為…とか、強くてかっこ良くて何より彼女に頼られるような人間に「変」わって―――。そして神蝕という化物とすぐに戦うとは想像もしていなかった…

能力について解説します。最初に1文字書く漢字で強さが別れてもおかしくないと言っていい程の能力があります!例えば「炎」これは火を前方に発射できるとかで、「炎」に関する事なら他にも色々使えたりできます。他にも「蘇」これは不死身です、この能力はずるいですね(笑)。他にも色々能力があって面白いですよ!

・神蝕という試練もあるが…生徒にも厄介なやつが…。


感想

・この六道(主人公)は「変」って書きましたよね!この漢字の意味が変身という意味で六道は書きました。だけどこの能力には色々使い道があって「あぁーなるほどなぁ!そんな使い道もあったのか」と思い。そういうところが結構面白かったですね!

・4組と戦争になったところも面白かったりで!「蘇」という能力を持っている奴が死ぬギリギリのところまでボコボコで横になって倒れている姿(死ぬまで蘇生できない)。その後どうなったかは……想像してください(笑)

・質問系なんですが、なんでタイトル「アホリズム」なんだろう…?わかったりした人はよかったらコメントで教えてくださいな!あの芸人の…○カリズ○しか想像できないので(笑)


好きなキャラクターのセリフ

・「オイラが5組の担任、貞九郎(さらくろう)です」「そしてひとつ…みなさんに残念なお知らせがあります」「実はオイラの受け持つクラスは毎年必ず」「全滅するんです!!」まだ続きがあるんですが、詳しいことは5巻で見てください(笑)かなり笑えます(笑)5組生き残れるかなぁ…。


おすすめ度 ★★★★★★★✩✩✩

・僕が漢字を1文字書くなら「覗」きた……ぃ……

・ガチで書くなら……やっぱり「蘇」がいいかもですね!



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする